エステより皮膚科を選ぶべき時

フェイシャルエステか美容皮膚科か、どちらの施設に予約を入れようか迷うこともある筈です。最近の美容皮膚科はエステティック的な美容メニューが充実していますし、医療機関でしかできないアプローチ方法も色々揃っています。エステにはエステの、美容皮膚科には美容皮膚科の良さがあるのでどちらが優れているのかは一概には言えませんが、ニキビのような皮膚トラブルがある時はまずはエステより皮膚科受診を優先して下さい。

エステより皮膚科を選ぶべき時

中には皮膚科で長期間治療を続けても中々治癒しないケースもありますが、エステデビューはそれからでも遅くありません。エステにもニキビ撃退メニューはありますが、皮膚科で行うニキビ治療の大半は健康保険を使うことができます。

アクネプッシャーと呼ばれる道具で皮脂や古い角質を押し出す面皰圧出治療も保険の適用範囲でできる治療法ですし、ディフェリンゲルやダラシンローションなどの外用薬も保険適用で処方されます。セルフケアでサプリメントを服用している方もいらっしゃいますが、ビタミン剤や抗生物質も医療機関で処方して貰えば保険処方で安く済みますから、お医者さんを頼った方が断然お金がかかりません。

漢方治療も市販薬を買うよりも、専門家に診て貰った上で保険適用が効くものを出して貰った方が早く治る筈です。
フェイシャルエステが得意なのは美白や小顔メニューですから、トラブル肌は病院で治してからエステにトライした方が費用対策にもなりますし、無難です。

TOPへ