フェイシャルエステの目的と料金

フェイシャルエステに行くのが初めてで、「強引に長期ローンを組まされたらどうしよう」と不安を感じている方は大勢います。最近のエステティックサロンは無理な勧誘をしない方針のところが多く、追加オプションを次々に勧められるようなこともほとんどない筈です。事前に口コミもチェックし、危なそうなサロンを避け評判の良いサロンを選ぶことで、不快な思いをせず心地良い時間を過ごすことができる確率が上がるでしょう。


フェイシャルエステの目的と料金
ただ、エステティックサロンで働くエステティシャンは、人一倍美意識の強い女性です。

プライベートでも美容費に割くお金が多く、人を美しくすることに熱い使命感を抱いている方が大半です。

その為、「このフェイシャルエステを定期的に受けることでワントーン肌が明るくなります! 」など、勧誘攻撃に思われる提案が多くなってしまうこともあるようです。フェイシャルエステに行くメリットは、実際の施術で美肌効果を得られることはもちろん、第三者の分析による正確なアドバイスを受けることができることです。

例えば本人はシワを気にしていたものの、エステティシャンから「美白をもっと頑張ればシワは目立たなくなります」とアドバイスされ考えが変わることも。シワ対策用エステから美白エステに切り替え、高い成果に繋がるパターンもあるかもしれません。

いずれにしても、美容の世界は天井がありません。予算に限りある場合、あれもこれもパーフェクトにするわけにはいきませんから、なぜ今回自分がフェイシャルエステを受けに来たのか目的をはっきりさせておきましょう。問診票のようなものも書かされますが、気になる美容問題に優先順位をつけておくと、自分のペースで話を進めやすくなります。

フェイシャルエステの料金


フェイシャルエステの目的と料金
フェイシャルエステに行く前に、一旦ご自身が毎月使っている美容費を計算しておきましょう。その上でもしそのサロンを気に入って通うことになった場合、月々いくら使えるかどうか予算を割り出しておくとカウンセリングでも気持ちに余裕が出てきます。

女性の場合、化粧水など基礎的なお手入れ代金が毎月かかりますし、シャンプーなどヘアケアの為の代金も必要です。美容院に通っている方はその予算も確保しておきましょう。

その他、サプリメントや健康食品を定期的に購入している方は、その費用も具体的にいくら使っているのか書き出しておきます。家庭用脱毛器などローンを組んでいる方はその情報もプラスしましょう。

美意識の高い女性は毎月7万円前後を美容費用に費やしている、なんてデータもありますが、自分では意識していなくてもなんだかんだで結構な金額を美容の為に使っている女性は大勢います。

現在美容費用として毎月使っている金額と、収入から諸々の必要経費を差し引いた分をじっくりチェックしましょう。結婚式前など大事なイベントが控えているなら余裕分を丸々注ぎ込むこともできる筈ですが、特に出掛ける予定がないなら貯金分も残しておかなければなりません。

カウンセリング当日にこういった計算を瞬時にできる方は少数派ですから、あらかじめ自分の本当の余裕分を把握しておくことをオススメします。ローンを組んでしまうと月々の負担が少ない為、それぐらいなら大丈夫か・・・と金銭感覚が鈍くなってしまうので要注意です。
TOPへ