必ず断ることができるフェイシャルエステ勧誘対策

フェイシャルエステを施術してくれる担当者にちょっと強引に感じる程、勧誘を受けたと仮定しましょう。美容業界で働く女性は非常に美意識が高いので、本人に悪気はなかったとしてもしつこいと感じる程、施術を勧めてくることがあります。
いかにもノルマを達成したくて契約を迫る悪質なエステティシャンもいますが、本人に悪意がないことが分かると、逆に断るのが悪い気がして困ってしまいますよね。

もちろん、担当者に同情して契約するのはあまりよろしくない選択です。予算オーバーでお財布が苦しくなったり、あまり必要性を感じていない施術を受けるのは自分のストレスにもなります。ご自身でも心の底から自分にはその施術が必要だと納得しているのなら構いませんが、躊躇しているならはっきり断りましょう。

必ず断ることができるフェイシャルエステ勧誘対策
ただし、熱心な担当者だと予算の問題を口にしても、「不要な出費を削ればエステ代を捻出できる筈」とファイナンシャルプランナーのように家計の整理を提案してきたりします。

時間がないと言っても「短時間で効果が出るスペシャルケアがあります」と交わされるかもしれません。しかも一度体験コースでも何でも施術を受けている以上、美容に関心がないとは言えませんから辛いところです。断り方にも色々ありますが、引っ越す可能性があるので契約できない、なんて断り方もオススメです。また、「シックハウスアレルギーが出てしまって」とアレルギーを理由に断る方法も、納得されやすいでしょう。

エステとセルフケアで小顔キープ


会員になっているエステサロンは、スポーツジムと同じフロアにあり、健康的なイメージのサロンです。 最初から勧誘は全くなく、施術が終わったらお茶とお菓子を出してくれるので、スポーツジムのトレーニングを眺めながら、まったり出来てしまう、心地よいサロンなのです。 エステティシャンも人が良く、お肌やボディで気になることを口にすると、何気なくナイスなアドバイスをくれます。 たまにフェイシャルを受けていて、小顔効果には満足していましたが、そうそう何回もは通えません。 そんなことを正直に話してみると、とても素直な回答をもらいました。 サロンでの小顔効果は、もって3日程なので、いっその事自分でマッサージを覚えて、自宅でやるといいですよ、という内容です。
必ず断ることができるフェイシャルエステ勧誘対策
普通だったらサロンのメニューを勧めたり、コースで申し込みを紹介したりするのに、ますますそのサロンが好きになりました。 早速ネットで調べて、2日で小顔マッサージが習得できるエステ講座に申し込み、技術を習得したのです。 といっても、プロの技術には及びませんが、講座でのフェイシャルは、本当に顔が引き締まります。 講座終時には認定書までもらい、資格の一つになりました。 実際自分でサロン経営するつもりはありませんが、うれしいものです。 今では月に一度サロンでフェイシャルの施術を受けて、自宅では自分でフェイシャルマッサージを行っています。 おかげでフェイスラインは、今までよりスッキリしています。
TOPへ