あなたはどのタイプ?シミの種類別お手入れ方法をご紹介♪

女性なら誰でも1度は気にしたことのある『シミ』

今でこそ美白が当たり前になりつつありますが、一昔前は少し焼けた肌が健康的と言われわざと日焼けをしていた方もいるのではないでしょうか。

しっかりとケアをしないと後からシミがあらわれてきます。もちろん、日焼けだけがシミの原因ではありません。シミは大きく分けて4種類あり、それぞれのシミの種類別の対処法があります。

老人性色素斑

いわゆる日光を浴びてできるシミ。別名、日光性黒子とも呼ばれます。メラニンの蓄積によってできるもので、シミといえばこれを指すくらいもっとも多いタイプです。数ミリから数十ミリサイズのもので、色は薄茶色から次第に黒くはっきりとしてきます。

対処法としてはUVケアをしっかりと行い紫外線対策をとりましょう。初期であれば美白化粧品が効果を発揮しますが、濃い物などはレーザー治療などの手を借りる必要があります。薄茶色時の初期で見つけ、対処をとることがポイントです。

・雀卵班(じゃくらんぱん)

俗に言う「そばかす」です。こちらも実はシミの1種。シミの形は丸ではなく、四角や三角の形の場合が多く、小さな点状に広がります。遺伝的な要因が多いですが、紫外線の影響で色が濃くなる場合があるのでUVケアは欠かせません。

こちらのシミの特徴としては、遺伝の要因がかかわってくるので美白化粧水も効きにくく、レーザー綺麗に取り除けたとしても再発する場合があるようです。

・炎症後色素沈着

よく色素沈着ということばを聞きますが、こちらもシミの一種。虫刺されで掻きすぎたり、毛を抜いたりするなどのお肌に炎症が起きた後にできるのが特徴です。色は黒から赤いものまであり、形も様々です。

そのため、対処法として刺激を与えるものは厳禁。レーザー治療も控えましょう。美白化粧品を利用し、なるべく刺激を与えずにやさしくケアをしてあげることが良いでしょう。

・肝斑(かんぱん)

最近特に注目され始めたシミがこちらの肝斑。両頬の上に左右対称にできるのが特徴で、色は淡褐色や暗褐色。紫外線による影響だけでなく女性ホルモンも影響しているので妊娠中や更年期の方にも見られるシミです。

他のシミ同様に紫外線対策は必ず行うようにし、刺激も与えないほうが良いでしょう。美白化粧水よりも内服薬のトラネキサム酸などを摂るのをオススメします。

以上4種類のシミをご紹介いたしました。

日頃から気になるシミですが、間違った対処法をすればもっと濃くなる可能性すらあります。

しっかりと種類を見極め、適切な対処を摂ることがシミをなくす一番の近道になるでしょう。
TOPへ